ホーンの配線方法

ホーンの配線方法を確認出来ます。

純正ホーンタイプを選択

①:純正ホーンが2つで、各々のホーンに端子が2つあるタイプ

②:純正ホーンが2つで、ホーンに端子が2つ1つの組み合わせのタイプ

③:純正ホーンが2つで、各々のホーンに端子が1つあるタイプ

④:純正ホーンが1つで、ホーンに端子が1つあるタイプ

※シングルホーンを取り付ける場合は、上記③を参考にして取り付けを行なってください。

⑤:純正ホーンが1つで、ホーンに端子が2つあるタイプ

※シングルホーンを取り付ける場合は、上記①を参考にして取り付けを行なってください。

純正ホーンが、上記①~⑤のいずれかのタイプに当てはまる方へお進みください。

ホーン端子の見分け方(実際のホーンで紹介します。)

2端子ホーン

①:2端子純正ホーン

②:2端子純正ホーン

1端子ホーン

③:1端子純正ホーン

④:1端子純正ホーン

⑤:1端子純正ホーン

純正コネクタータイプを選択 [P1-1]

①:各々のホーンに純正コネクターが2つあるタイプ

②:各々のホーンに純正コネクターが1つで端子が2つあるタイプ

車両側の純正コネクターが、上記①~②のいずれかのタイプに当てはまる方へお進みください。

純正ホーンの端子を外し、そのまま新設ホーンへ接続します。 [P1-2]

純正ホーンのコネクターで 「接続出来ない」 「ロックせず抜けてしまう」 場合やコードを延長して配線する場合には 「純正変換コード(SZ-115Xシリーズ)」 や 「ラクラク取付セット(SZ-1131)」を使用すると簡単に配線が行なえます。詳細については

配線方法を選択 [P1-3]

①:配線方法1

②:配線方法2

車両側の純正ホーン配線コネクター形状が、上記①のコネクター形状と異なる場合には、「ラクラク取付セット(SZ-1131)」を使用して配線します。

当社製の純正変換コードは、純正コードを傷めずにホーンを簡単に配線することが出来ます。ご使用頂くには、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状が、上記①の形状に当てはまることが必要となります。
なお、お取り付け頂くお車によっては、ご使用頂けない場合がありますので、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状を事前に確認してください。
※車種毎の適合可否についての情報等は、当社では調査しておりませんので、ご提供出来ません。

純正変換コード3(SZ-1153) [P1-4]

純正変換コード3(SZ-1153)を使用した配線方法 [P1-5]

純正変換コード3(SZ-1153)を使用すれば、純正ホーンコードに加工を加えることなく、そのままカプラ―オンで簡単に接続が行なえます。

ラクラク取付セット(SZ-1131) [P1-6]

ラクラク取付セット(SZ-1131)を使用した配線方法 [P1-7]

純正ホーンのコネクターで 「接続出来ない」 「ロックせず抜けてしまう」 場合やコードを延長して配線する場合には、ラクラク取付セット(SZ-1131)を使用すると簡単に配線が行なえます。

ラクラク取付セット(SZ-1131) [P1-8]

ラクラク取付セット(SZ-1131)を使用した配線方法 [P1-9]

ラクラク取付セット(SZ-1131)を使用すれば、簡単に配線が行なえます。

ラクラク取付セット(SZ-1131) [P2-1]

ラクラク取付セット(SZ-1131)を使用した配線方法 [P2-2]

ラクラク取付セット(SZ-1131)を使用すれば、簡単に配線が行なえます。

純正配線タイプを選択 [P3-1]

①:純正のコネクターからコードが1本づつ出ているタイプ

②:片側の純正コネクターからコードが2本出ているタイプ

※1つの端子に2本のコードがかしめられています。

車両側の純正コネクターが、上記①~②のいずれかのタイプに当てはまる方へお進みください。

アースコードセット(SZ-1132) [P3-2]

アースコードセット(SZ-1132)を使用した配線方法 [P3-3]

純正ホーンのコネクターで 「接続出来ない」 「ロックせず抜けてしまう」 場合やコードを延長して配線する場合は「純正変換コード(SZ-115Xシリーズ)」や「ラクラク取付セット(SZ-1131)」を使用すると簡単に配線が行なえます。配線方法については

配線方法を選択 [P3-4]

①:配線方法1

②:配線方法2

③:配線方法3

④:配線方法4

車両側の純正ホーン配線コネクター形状が、上記①~③のコネクター形状と異なる場合には、「ラクラク取付セット(SZ-1131)」を使用して配線します。

当社製の純正変換コードは、純正コードを傷めずにホーンを簡単に配線することが出来ます。ご使用頂くには、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状が、上記①~③のいずれかの形状に当てはまることが必要となります。
なお、お取り付け頂くお車によっては、ご使用頂けない場合がありますので、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状を事前に確認してください。
※車種毎の適合可否についての情報等は、当社では調査しておりませんので、ご提供出来ません。

純正変換コード1(SZ-1151) [P3-5]

純正変換コード1(SZ-1151)を使用した配線方法 [P3-6]

純正変換コード1(SZ-1151)を使用すれば、純正ホーンコードに加工を加えることなく、そのままカプラ―オンで簡単に接続が行なえます。

純正変換コード2(SZ-1152) [P3-7]

純正変換コード2(SZ-1152)を使用した配線方法 [P3-8]

純正変換コード2(SZ-1152)を使用すれば、純正ホーンコードに加工を加えることなく、そのままカプラ―オンで簡単に接続が行なえます。

純正変換コード3(SZ-1153) [P3-9]

純正変換コード3(SZ-1153)を使用した配線方法 [P3-10]

純正変換コード3(SZ-1153)を使用すれば、純正ホーンコードに加工を加えることなく、そのままカプラ―オンで簡単に接続が行なえます。

ラクラク取付セット(SZ-1131) [P3-11]

ラクラク取付セット(SZ-1131)を使用した配線方法 [P3-12]

純正ホーンのコネクターで「接続出来ない」 「ロックせず抜けてしまう」 場合やコードを延長して配線する場合には、ラクラク取付セット(SZ-1131)を使用すると簡単に配線が行なえます。

アースコードセット(SZ-1132) [P3-13]

アースコードセット(SZ-1132)を使用した配線方法 [P3-14]

純正ホーンのコネクターで 「接続出来ない」 「ロックせず抜けてしまう」 場合やコードを延長して配線する場合は「純正変換コード(SZ-115Xシリーズ)」や「ラクラク取付セット(SZ-1131)」を使用すると簡単に配線が行なえます。配線方法については

配線方法を選択 [P3-15]

①:配線方法1

②:配線方法2

③:配線方法3

車両側の純正ホーン配線コネクター形状が、上記①~②のコネクター形状と異なる場合には、「ラクラク取付セット(SZ-1131)」を使用して配線します。

当社製の純正変換コードは、純正コードを傷めずにホーンを簡単に配線することが出来ます。ご使用頂くには、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状が、上記①~②のいずれかの形状に当てはまることが必要となります。
なお、お取り付け頂くお車によっては、ご使用頂けない場合がありますので、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状を事前に確認してください。
※車種毎の適合可否についての情報等は、当社では調査しておりませんので、ご提供出来ません。

純正変換コード1(SZ-1151) [P3-16]

純正変換コード1(SZ-1151)を使用した配線方法 [P3-17]

純正変換コード1(SZ-1151)を使用すれば、純正ホーンコードに加工を加えることなく、そのままカプラ―オンで簡単に接続が行なえます。

純正変換コード3(SZ-1153) [P3-18]

純正変換コード3(SZ-1153)を使用した配線方法 [P3-19]

純正変換コード3(SZ-1153)を使用すれば、純正ホーンコードに加工を加えることなく、そのままカプラ―オンで簡単に接続が行なえます。

ラクラク取付セット(SZ-1131) [P3-20]

ラクラク取付セット(SZ-1131)を使用した配線方法 [P3-21]

ラクラク取付セット(SZ-1131)を使用すれば、面倒な配線づくりは不要で簡単に配線が行なえます。

配線方法を選択 [P4-1]

①:配線方法1

②:配線方法2

車両側の純正ホーン配線コネクター形状が、上記①のコネクター形状と異なる場合には、「ホーンハーネスセット(SZ-1133)」を使用して配線します。

当社製の「ホンダ車専用ホーンハーネスセット(SZ-1161)」は、純正ホーンコネクターへワンタッチで取り付けることが出来ます。ご使用頂くには、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状が、上記①の形状に当てはまることが必要となります。
なお、お取り付け頂くお車によっては、ご使用頂けない場合がありますので、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状を事前に確認してください。
※車種毎の適合可否についての情報等は、当社では調査しておりませんので、ご提供出来ません。

ホンダ車専用ホーンハーネスセット(SZ-1161) [P4-2]

ホンダ車専用ホーンハーネスセット(SZ-1161)を使用した配線方法 [P4-3]

ホーンハーネスセット(SZ-1133) [P4-4]

ハーネスホーンセット(SZ-1133)を使用した配線方法 [P4-5]

※シングルホーンをダブルホーンに交換するときはリレー配線を推奨します。

※当社製のホーンハーネスセットを使用すれば、ミツバ製ホーンはもちろん、各メーカーのホーンも簡単・確実・短時間で配線が行なえます。また、上記配線に純正変換コード(SZ-115Xシリーズ)を使用すれば、純正コードを傷めずに配線することも可能です。配線方法については

配線方法を選択 [P4-6]

①:配線方法1

②:配線方法2

③:配線方法3

車両側の純正ホーン配線コネクター形状が、上記①~③のコネクター形状と異なる場合には、純正変換コードをご使用頂けません。

ホーンハーネスセット(SZ-1133)と当社製の純正変換コードを使用するこで、純正コードを傷めずにホーンを簡単に配線することが出来ます。ご使用頂くには、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状が、上記①~③のいずれかの形状に当てはまることが必要となります。
なお、お取り付け頂くお車によっては、ご使用頂けない場合がありますので、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状を事前に確認してください。
※車種毎の適合可否についての情報等は、当社では調査しておりませんので、ご提供出来ません。

純正変換コード1(SZ-1151) [P4-7]

純正変換コード1(SZ-1151)とホーンハーネスセット(SZ-1133)を使用した配線方法 [P4-8]

純正変換コード2(SZ-1152) [P4-9]

純正変換コード2(SZ-1152)とホーンハーネスセット(SZ-1133)を使用した配線方法 [P4-10]

純正変換コード3(SZ-1153) [P4-11]

純正変換コード3(SZ-1153)とホーンハーネスセット(SZ-1133)を使用した配線方法 [P4-12]

ホーンハーネスセット(SZ-1133) [P5-1]

ハーネスホーンセット(SZ-1133)を使用した配線方法 [P5-2]

※シングルホーンをダブルホーンに交換するときはリレー配線を推奨します。

※当社製のホーンハーネスセットを使用すれば、ミツバ製ホーンはもちろん、各メーカーのホーンも簡単・確実・短時間で配線が行なえます。また、上記配線に純正変換コード(SZ-115Xシリーズ)を使用すれば、純正コードを傷めずに配線することも可能です。配線方法については

配線方法を選択 [P5-3]

①:配線方法1

車両側の純正ホーン配線コネクター形状が、上記①のコネクター形状と異なる場合には、純正変換コードをご使用頂けません。

ホーンハーネスセット(SZ-1133)と当社製の純正変換コードを使用するこで、純正コードを傷めずにホーンを簡単に配線することが出来ます。
ご使用頂くには、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状が、上記①の形状に当てはまることが必要となります。
なお、お取り付け頂くお車によっては、ご使用頂けない場合がありますので、純正ホーンに繋がる車両側のコネクター形状を事前に確認してください。
※車種毎の適合可否についての情報等は、当社では調査しておりませんので、ご提供出来ません。

純正変換コード3(SZ-1153) [P5-4]

純正変換コード3(SZ-1153)とホーンハーネスセット(SZ-1133)を使用した配線方法 [P5-5]